io-design

io-design

【デザイン分析:モデル撮影編】一瞬、振り返る印象的なハイボールのポスター

2019年5月23日
317 views
約 4 分
【デザイン分析:モデル撮影編】一瞬、振り返る印象的なハイボールのポスター

今回のデザイン分析は、主に撮影モデルに関してのお話です。 ポスターが、ふとした時に、目に飛び込んでくる瞬間ってありますよね。 シチュエーションであったり、その絵づくりであったり。 様々な状況で「あっ!このポスター好きだ!」と思うわけです。 今回のポスターは、サントリー角ウィスキーのコマーシャル。 井川遥がとても美しいポスターです。 このポスター、今日も疲れたなぁと思いながら、キーキー言う自転車を漕ぎながら帰っていると、疲れた心に響く表情で、井川遥がハイボールがお好きでしょ?と言ってるわけです。



エロくないシチュエーションでエロい井川遥



このポスターを見るたびに、すげぇな井川遥と思うんです。 表情が、とても印象的なポスターです。


井川遥の日常生活を覗いたような、エロい表情にも見えてきます。 この表情で、このプロモーションが成り立っていると言ってもいいくらい。絶賛です。 他のポスターのモデルさんと比較すると、我々の感情に訴えかける部分が全く違っていることに気づきます。 この表情には、無表情な雰囲気もあるのですが、急に声をかけられたような、驚いている雰囲気もあり、素の表情に近い生々しいリアルさがあります。 私が見たシチュエーションも絶妙です。


帰宅途中で気疲れした薄暗い会社の帰り道、道端の明るいシティスケープ(バスシェルター広告)で、こんな表情をされてしまうと、おっさんは、もうイチコロです。 ずっと脳裏に焼き付くことになります。 いつか、記事にしてやろうと思うわけです。 ということで、記事にしたわけです。 さて、本題。 一瞬の表情を切り取ったような表情が活きているこの表情の理由。 感情に訴えかける部分が、なぜこんなに違うんでしょう? レイアウトではなく、それはもちろん表情にあります。 この表情がとても印象的な理由ってなんでしょう?



実はその表情の深みは、歪みと、濁り。


main_visual02-f タレントさんの顔は、左右均等であることと、超平均的な配置であることが美しい条件とされています。 数多くの一般人の方の顔サンプルの平均をとっていくと、超美男美女になるといいます。



もちろん、井川遥をはじめ、タレントさんは、そのパターンに則った顔をされています。 そして、一般的なポスターなどの表情は、どれも全て一点の曇りもなく、晴れやかな笑顔で占められています。 歪みや、濁りなどは皆無です。 しかし、私たちの日常では? 単体での感情で表情は存在していません。 いつも私たちがテレビや印刷物などで触れているような、混じり気のない表情を見るチャンスの方が、実は稀だとは思いませんか? 中途半端な、しかも、混じり合った感情が、常に迷走している状態の表情に、人生は占められています。 悲しいけど笑う。 楽しいけど平静を装う。 泣きながら笑ってしまう。



怒りながら心配する。 ワクワクと不安は混在していたり…。 井川遥の凄さは、その表情をおそらく、わずかな表情筋のコントロールで実現していること。 もちろん、素地の良さもあり左右が均等で、超平均的な配置で美しさが際立った顔立ちです。 その整った顔立ちに、左右の表情の違いを生み出すことで、濁りや、歪み、純粋でないからこそ感情に訴えかけていく表情をつくっているのです。


分解して見てみましょう!



①



目を見開いた、ちょっと驚いた顔。

ごく僅かな期待感を視線の中に読み取るひともいるかも?


②



自分のことに集中していたかのような、平静クールな顔。

視線の焦点は我々には絞られてはいない。


上記の二つの表情が共存しているわけです。


そして、その表情のリアルさの理由もそこにあります。 もう一度繰り返します。 井川遥の凄さは、その表情をおそらく、わずかな表情筋のコントロールで実現していること。 もちろん、素地の良さもあり左右が均等で、超平均的な配置で美しさが際立った顔立ちです。


その整った顔立ちに、左右の表情の違いを生み出すことで、濁りや、歪み、純粋でないからこそ感情に訴えかけていく表情をつくっているのです。 ある意味、トップアスリートが、自分の目指すゴールを寸分たがわず目標に到達させる様に似ているかもしれません。 偶然の表情かもしれませんが、もし、それを、意識的にやったとなれば、プロのタレントの能力とは、本当に凄みがあると思うのです。 そして、そういった写真素材が手に入った時は、デザインはほとんど必要なく、シンプルに伝えることを考えるべきです。 素材と競おうとしないこと。素材の良さに魅入られた時には、それを際立たせるように全ての神経を尖らせるべきだという良い見本だと感じています。 ということを、考えながら帰った日でした。



スクリーンショット 2017-05-26 8.42.36 サントリーのサイトより

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

Comment On Facebook

Today’s STORY’s

More

Todat’s DESIGN’s

2 May
2019

fin

More

Today,s PROJECT

More

今持つ技術の全てをつぎ込むウェアデザイン

制作するウェアは自社でデザインしています。 デザイン自体を言われるがまま作成するのではなく、こちらが考え得るもの全てをつぎ込んで制作します。 お客様それぞれの想いと、こちらの制作の今持ち得る限りの考え方をつぎ込んで制作するからこそ、ひとつひとつ個性の光る仕上がりになります。
今持つ技術の全てをつぎ込むウェアデザイン