io-design

io-design

オンライングラフィックレコーディング

33 views
約 1 分
オンライングラフィックレコーディング

ネット内でのミーティングや授業が味気ないって思われる方いらっしゃいませんか?
実際に会って語り合う経験には、とても情報量が多く含まれており緊張感や一体感があります。
けど…オンラインで話した後…。

いつ退出したらいいのかな…?とか。
なんか、回線が切れた後、言い残したことがあるような…とか。

何かが抜け落ちている感じがしませんか?

そんな時に役立つのが、オンラインでのグラフィックレコーディングです。

オンラインミーティングの弱点


オンラインミーティングの弱点が、何回かやってみてわかりました。
簡単に言えば、余韻を残せないということです。

余韻とは…。
会議が終わった後に、ふわふわと漂いながら会議のなかでの会話を雑談したり、わからなかったところを「あれ、どういうことだったの?」と確認しながら、復習する。

そんな、スケジュールの外での学び部分が意外に楽しかったりもするのですけれど。

ではではーと、手を振りながら接続を切って「ふっ」と目の前から人が一瞬のうちに消えると一種の戸惑いが生まれてしまいます。

人は、集団で安心するものなので、いきなりの孤独感に戸惑って寂しくなってしまうのです。

グラフィックレコーディングで、オンラインに温かみを。

グラフィックレコーディングは、手描きでリアルタイムで会話を記録するように要点を描いていきます。議事録とは別で、親しめるような描き方ですすめます。

議事録が話の要点を書くものなら、グラフィックレコーディングは一体感を描くものかもしれません。

より視覚的要素に訴えかけるもので、それぞれの参加者の表情を拾って記録することができるので、参加している人に一体感がでます。


描かせていただいたものは、PDFにしてミーティングのあとですぐ送信させていただきますので、すぐに見直すことができます。

鈴木さまのグラフィックレコーディング

一枚の紙の中で笑ってる参加者個人の顔を認めつつ、眺めることで、ミーティングでの余韻を残すことができ、記憶に定着させることができます。

それが、オンラインでのミーティングを進めるためにより良い効果を生む方法だと考えています。

オンライン・グラフィックレコーディングの進め方は?

まず、日程を決めていただきます。

テーマを決めていただき、進行のメニューがあればそれを送ってください。

当日、みなさんと一緒にグラフィックレコーディングに参加します。
もちろん、一対一のミーティングでも大歓迎です。

ちょっとした会話の流れを、参加者のイラストを込みでA4サイズの紙に描いていきます。
途中で進行状況的にモニターへ描いた紙を進行状況としてみていただきます。

ミーティング終了後、PDFとjpeg画像で会議室へ投稿させていただきます。

ワンセッション1時間。金額は、3,000円程

時間内に収まらない場合には、どうぞご相談ください。
一時間きっかりで、会議が白熱して終わらない時には、お付き合いいたします!

時間で料金は決まってますが「10分伸びてしまった」などで、追加の料金を請求することはございません。ご安心ください。

オンライングラフィックレコードの利点

1.ミーティングの振り返り。

2.ブログに書く文章を話しながらまとめつつ、グラフィックレコーディングを描き仕上がったものを、記事のアイキャッチ画像にできる。

3.業務の振り返りを、イラストで整理できる。

特に、2番はオススメです。
オプションサービスで、色付きに仕上げることができるので、色付きで仕上げられたものをブログに文章といっしょに掲載すれば、読者の理解を深めることができます。

お支払いは?

会議の終わりに、PayPayのQRコードをモニター越しに提示いたしますので、そこでお支払いください。領収証が必要な方はお申し付けください。

ご注文方法

まだまだご依頼には空きがありますので、ぜひお声がけください。
ご依頼は、Facebookのメッセンジャーや、メールなどで受付中です。

こちらのリンクからお申し込みも可能です

コメントを残す

Comment On Facebook