io-design

io-design

悪というのは行き過ぎた愛である。

views
約 1 分
悪というのは行き過ぎた愛である。

日常・ヒロイン

https://note.com/io_design/n/n00a97cc71809

noteというコンテンツで、正義のヒーロー戦隊の話を書いている。

『日常・ヒロイン』という名前で書いているのだけど、正義ってなんだろうと考えながら書いている。

主人公のキザキアカネさんは、正義の味方なのだけれどそれを隠さなければいけないことと、正義を行使する仮の姿のダブルスタンダードの自分に悩んでいる。

その結果、自分がやるべき正義がわからなくなって、電車でおばあちゃんに席を譲るということができなかったというそれだけで、どんどん追い詰められていってカウンセリングを受けるところから物語はスタートする。

カウンセリングを受けている先生は、オオヌキさんという甘いもの好き、お酒好きな先生。

カウンセリングなのか、世間話かわからない状態で「日常で、つまらない人間を演じなさい」というアドバイスをする。

正義という中では、人は生きていけないからという話をする。

そこから、アカネさんの『クズ』修行が始まります…。

正義って何だろう?って疑問

正義は、大体において今の時代、胡散臭いものだというのは、みんなが感じていると思うのです。

正義を振りかざすものは嬉々として振り回すものではなくて、どこか後ろめたさを持ちながら行使されるものだと思うのです。

例えば…。

昔の仮面ライダーや、キカイダーなどの石ノ森章太郎の描くヒーローは、どこか影があって、正義の味方という雰囲気が、いつもグラグラとしていた。

そもそも、仮面ライダーのデザインは、最初骸骨のマスクを纏っていて、一番最初にイメージされた絵は『大空襲で燃え上がる街並みを背景に、川に飛び込む死屍累々の死体を見下ろしている』そんなシーンだったそうです。

流石にスポンサーから、それは…と難色を示されて、バッタの顔になったという。

最近では、悪が際立っていないため、善がぼやけてしまっている。そんな中での正義のヒーローって何なんだろう?と思いながら書いています。

正義も悪も愛情も

もしかしたら、正義も悪も今の時代無くなってしまってるのかもしれないなぁと思いながら。じゃあ、今の正義って一体なんなんだろうと思いながら。

いろいろな人に、正義って何?とか、悪って何?とか聞いたのですけど、全然納得のいく回答をみんな持っていない…。

悪って?と言えば正義と裏表とか。正義って調和らしいよ?というと、でも同調圧力が…などと、ひとことで『私が』納得できる回答がなにひとつ返ってこない。

でも、答えを返してくれる人は自信満々なのだけれど、全くわからない。

しばらく、自分が考えてる善悪のイメージとは全く違うなぁと、いろいろと考えていたら、愛情を行き過ぎて受け取ってしまったモノが、化物化するってことがありうるなぁと…。ふと思い立ったのです。

愛によって守られながら化物化していくモノこそ、今の悪かもしれないし、愛を過剰に注ぎ込む。それ自体が悪なのかもしれないとも、そう思うようになりました。

今書いている小説のネタバレを先にしてしまうのですが…笑

正義と悪の対立イメージで…

イメージとして、戦隊ヒーローの一員の主人公が、悪のミュータントを内緒で保護してるのだけれど、その悪のミュータントは、愛情が食糧で愛をもらうと大きくなっていくというイメージが、ふと思いついてしまいながら…。これって、なんとなく面白いけど、なんなんだろう…とずっと考えていたのですが。

多分、今の悪って、結局、過剰に行き過ぎた愛なんだろうなと…。ふと考えたら、面白いお話になりそうだなぁと。

そんな小説のお話で考えた正義と愛と悪のお話でした。

まぁ、夢の話をするような、お話なんですけどね…。笑

コメントを残す

Comment On Facebook